天気予報

14

4

みん経トピックス

板橋・坂下で恒例の七草がゆ板橋・熱帯植物館でラン展

下赤塚駅前にヨガ・ピラティス専門スタジオ 対象者を広げ新業態1号店

下赤塚駅前にヨガ・ピラティス専門スタジオ 対象者を広げ新業態1号店

YOGI FEELのチーフ佐藤さん(左)とインストラクターのAYAEさん(右)

写真を拡大 地図を拡大

 東武東上線・下赤塚駅南口改札前に1月6日、ヨガ・ピラティス専門スタジオ「YOGI FEEL ヨギフィール赤塚」(板橋区赤塚新町1、TEL 03-6904-0502)がグランドオープンする。

【写真】「YOGI FEEL ヨギフィール赤塚」スタジオ内

 同店の運営会社アースリング(中央区)は、経営コンサルティングや管理業務支援のアウトソーシングを手掛ける一方でフィットネス事業も展開し、体幹トレーニングを中心とするフィットネスクラブのフランチャイズ店「Livitup リヴィタップときわ台」(同区南常盤台1)を2014年11月にオープン。ヨガ・ピラティスのレッスンを専門とする同社の独自ブランドとして、1号店となる「ヨギフィール赤塚」は昨年11月から店頭入会受け付けを開始し、12月から体験レッスンを始めた。

 同店チーフでインストラクターも務める佐藤紀久子さんは、ときわ台の店舗でインストラクターを務めていたが、今回の同店立ち上げにあたってチーフとして指名を受けた。「ときわ台のスタジオは、どちらかというと強度の強いトレーニング主体なのに対し、YOGI FEELは男女や年齢を問わず、ヨガやフィットネスの経験者だけでなく初心者でも楽しめるように幅広いレッスンプログラムを用意している」と話す。

 スタジオは下赤塚駅の南口改札正面にあり、有楽町線・副都心線の地下鉄赤塚駅からも近い。練馬区・板橋区の区境に立地し、双方の住宅地で暮らす電車通勤・通学者がアクセスしやすく、「仕事の行き帰りや、家事・育児の合間に息抜きも兼ねて気軽に立ち寄れる場所にしたい」と佐藤さん。

 市街中心地ではなく、あえて板橋エリアを中心にヨガ・ピラティス専門スタジオの独自ブランドを展開していくにあたって、「テストマーケティングも兼ねているので、責任は大きい。実際、体験レッスンを受けた人は10代20代より40~50代後半が多く、ヨガ教室もフィットネスクラブにも通ったことがないという人が大半だった。比較的年配者も多い地域で、初心者にも優しいという点が受け入れられているように感じている。今後、YOGI FEELブランドを広げていく上で、この赤塚店をまずはしっかり軌道に乗せていきたい」と意気込む。

 営業時間は、火曜~金曜=9時30分~22時、土曜・日曜・祝日=8時30分~17時。月曜定休。

グローバルフォトニュース