見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

板橋・赤塚地域5施設でスタンプラリー 「自然と歴史と文化の里」PR

板橋区立郷土資料館で屋外展示されている古民家・旧田中家住宅

板橋区立郷土資料館で屋外展示されている古民家・旧田中家住宅

  •  
  •  

 板橋区立郷土資料館、同美術館、赤塚植物園(以上、板橋区赤塚5)、旧粕谷家住宅(徳丸7)、郷土芸能伝承館(徳丸6)の5施設で現在、「再発見!赤塚地域の魅力 スタンプラリー」が始まった。

都指定文化財の古民家「旧粕谷家住宅」

 スタンプ台を設置する5施設と各施設周辺の観光スポットの周遊性を高めようと、郷土資料館が中心となって企画した同イベント。5施設のスタンプを全て集めると指定期間中に希望する記念品を先着順で交換することができる。

[広告]

 板橋区西部に位置する赤塚地域には5施設のほか、赤塚城跡、赤塚溜池公園、都立赤塚公園、不動の滝、東京大仏(乗蓮寺)、松月院、赤塚諏訪神社、赤塚氷川神社、徳丸北野神社、水車公園といった名所旧跡や観光スポット、文化施設などが多数存在し、板橋区では「自然と歴史と文化の里・赤塚」とうたって地域振興事業を推進している。

 郷土資料館では、第1回が「勾玉づくり体験キット」、オリジナルクリアファイル(以上、先着100人)、「板橋農業まつり収穫体験」ご招待券(先着10組20人)を用意、第2回はオリジナル付せん(先着200人)を用意する。

 美術館はオリジナルチケットフォルダ(第1回は青色、第2回は黄色で各先着200人)、赤塚植物園は絵葉書セット(第1回は先着200人、第2回は先着100人)、旧粕谷家住宅は特製手ぬぐい(各回先着100人)、郷土芸能伝承館はオリジナルミニタオル(各回先着110人)を用意する。

 スタンプラリーの実施は3月31日まで。記念品の交換期間は、第1回=8月31日まで、第2回=2020年2月1日~3月31日。スタンプ台紙は各施設に設置するほか、郷土資料館ホームぺージでダウンロード配布する。

  • はてなブックマークに追加