見る・遊ぶ 暮らす・働く

いたばしプロレス、来年はタッグトーナメント まるこ選手の復帰戦も

タッグトーナメントの開催を直訴するグレート・ピカちゃん

タッグトーナメントの開催を直訴するグレート・ピカちゃん

  •  
  •  

 いたばしプロレスリング(以下いたプロ、板橋区前野町4)は12月12日、来年2月17日の板橋グリーンホール(板橋区栄町)大会から始まる「いたプロヒーローズ最強決定タッグトーナメント」参加チームとトーナメント表を発表した。

復帰戦に向けた抱負を語るまるこ選手

 発表されたトーナメント表によると、全4チーム、8人のいたプロヒーローズが参戦。ハッピーロードマン選手はハッピーロードマン・ダーク選手とハッピーロード大山商店街タッグを結成し、いたばし不動ッピー選手(板橋宿不動通り商店街公認)・トキワダイオー選手(常盤台1・2丁目町会公認)組と2月のグリーンホール大会で対戦する。上板橋北口商店街公認のグレート・ピカちゃん選手は妹のキューティー・ピカちゃん選手とのきょうだいタッグで、なかいたへそマスク選手(中板橋商店街公認)・マスクドふなどん選手(舟渡町会公認)組と5月3日のグリーンホール大会で対戦。勝利チームによる決勝戦は7月開催予定の大会で行われる。

[広告]

 今月2日に開かれたグリーンホール大会で、商店街公認レスラー同士のシングルマッチによる「第1回いたプロヒーローズ最強決定トーナメント」決勝戦が行われ、グレート・ピカちゃん選手とハッピーロードマン選手が対戦。両者一進一退の攻防を繰り広げる中、最後はハッピーロードマン選手がコーナーポスト最上段からのムーンサルトプレスで3カウントを奪い優勝を決めた。

 試合後のリング上でマイクを手に「ハッピーロードマンというヒーローを生んでくれてありがとう」と応援するファンと来場者に感謝の言葉を伝えたハッピーロードマン選手に対し、グレート・ピカちゃん選手はいたプロヒーローズのタッグトーナメント開催をその場で提案。いたプロ社長・はやて選手の承諾で、来年2月のグリーンホール大会から「いたプロヒーローズ最強決定タッグトーナメント」を行うことを約束していた。

 同日、2月のグリーンホール大会で、今年5月に右膝前十字靭帯(じんたい)再建手術を受けて欠場していたまるこ選手の復帰も発表された。はやて選手は「普通の女子プロレスラーにはしない。いつものメインの8人タッグに女子一人をぶち込む」と予告した。

 2月17日グリーンホール大会は、いたプロヒーローズからはハッピーロードマン選手、ハッピーロードマン・ダーク選手、いたばし不動ッピー選手、トキワダイオー選手、グレート・ピカちゃん選手、なかいたへそマスク選手、はやて選手の7人が参加。いたプロ所属の中里哲也選手・ウルフ智也選手・鈴木心選手・まるこ選手のほか、ディック東郷選手、マグニチュード岸和田選手、バッファロー選手、田中稔選手、くいしんぼう仮面選手、アグー選手、那須晃太郎選手、がばいじいちゃん選手の参戦が現在発表されている。対戦カードは公式ウェブサイトやツイッター、フェイスブックで発表する。

 17時開場、17時30分ゴング。前売りチケットは、指定A席(アリーナ2列目)=3,500円、指定B席(アリーナ3列目)=3,000円、自由席=2,500円、親子ペア自由席=3,500円。リングサイド席とステージA席は完売。提携チケット販売店、プレイガイド、各試合会場などで販売。コレクションカード型の半券にデザインを刷新した子ども用チケットが付く親子ペア自由席のみ、板橋区内の販売協力店限定で取り扱う。

  • はてなブックマークに追加