天気予報

31

21

みん経トピックス

いたばし国際絵本翻訳大賞板橋・赤塚でヒナマツリ展

いたばしプロレスリングの商店街レスラー最強決定戦開幕 今年初のグリーンホール大会

いたばしプロレスリングの商店街レスラー最強決定戦開幕 今年初のグリーンホール大会

不動ッピーボムで2回戦進出を決めた不動ッピー選手

写真を拡大 地図を拡大

 板橋区立グリーンホール(板橋区栄町)で2月25日、いたばしプロレスリング(以下、いたプロ)による今年初の「板橋グリーンホール大会」が開かれた。

ハッピーロードマンとトキワダイオーの両選手は5月3日にトーナメント1回戦を迎える

 今大会では、いたプロ代表のはやて選手が大会冒頭のあいさつで「せっかく仲良くなりかけた商店街同士が気まずくなるかもしれない、恐ろしい戦いが始まる」と話した、商店街公認レスラー8選手が対戦する「いたプロヒーローズ最強決定トーナメント」の1回戦2試合が行われた。

 第1試合は、中板橋商店街公認・なかいたへそマスク選手と、板橋宿不動通り商店街公認・いたばし不動ッピー選手が対戦した。試合序盤、へそマスク選手の「へー!」という掛け声に観客が「そー!」と応え、不動ッピー選手が拳を交互に突き上げるのに合わせて「不動!」「ピー!」と掛け合うコール&レスポンスの応酬でどちらが多くの観客の声を集められるかを張り合った。その後、一進一退の技の攻防から、最後は持ち前のパワーを発揮した不動ッピー選手が必殺技の不動ッピーボムからの体固めで2回戦進出を決めた。

 第2試合は、上板橋北口商店街公認のグレート・ピカちゃん選手と、ハッピーロード大山商店街公認のハッピーロードマン・ダーク選手が対戦した。ダーク選手の厳しいダーティー殺法に終始苦戦するピカちゃん選手だったが、一発逆転の首固めで丸め込んでのフォール勝ちで2回戦に駒を進めた。

 板橋宿不動通り商店街・上板橋北口商店街では共に会場内に販売ブースを出店し、公認選手が勝利したらオリジナルTシャツの値引き販売を宣言していたこともあって、休憩時間や大会終了後にTシャツを買い求める長蛇の列ができていた。

 このほか、夏すみれ選手VSバッファロー選手VSがばいじいちゃん選手の男女混合3WAYマッチや、ウルフ智也選手・那須晃太郎選手VS田中稔選手・鈴木心選手組によるタッグマッチ、メインイベントでは中里哲也選手・シーサー王選手・マグニチュード岸和田選手・ディック東郷選手組VSトキワダイオー選手・ハッピーロードマン選手・くいしんぼう仮面選手・はやて選手組の6人タッグマッチが行われ、笑いあり熱気ありの全5試合が繰り広げられ、満員の会場をにぎわせた。

 今大会のメインイベントでハッピードロップからフォール勝ちを収めたハッピーロードマン選手(ハッピーロード大山商店街公認)がマスクド・ふなどん選手(舟渡町会公認)と、昨年10月にデビューしグリーンホール初登場となったトキワダイオー選手(常盤台1・2丁目町会公認)はイタバシマスク選手と、5月3日の板橋グリーンホール大会でそれぞれ「いたプロヒーローズ最強決定トーナメント」1回戦を行う。

 はやて選手は「同じ商店街のライバルであるハッピーロードマンとダークの試合を除き、商店街公認レスラー同士の戦いは禁断のバトルとして避けてきた」と話す。「商店街側から、勝敗がついて構わないからヒーロー同士の戦いも見たい、という提案があった。ヒーロー対悪役レスラーという図式に、ヒーロー同士の戦いという新たな展開が加わったことで、また違ったかたちで商店街の盛り上げに貢献できれば」と意欲を見せる。

グローバルフォトニュース