見る・遊ぶ 買う

いたばしプロレスリング4周年記念大会 ハッピーロードマンが決勝戦進出

いたプロヒーローズ最強決定トーナメントの決勝戦進出を決めたハッピーロードマン

いたプロヒーローズ最強決定トーナメントの決勝戦進出を決めたハッピーロードマン

  •  

 いたばしプロレスリングが9月16日、板橋区立グリーンホール(板橋区栄町)で4周年記念大会と展示イベントを行った。

大会開始を前に、写真や年表、デザイン画、コスチュームなどを展示した

 この日は第1試合で「いたプロヒーローズ最強決定トーナメント」準決勝が行われた。今年2月のグリーンホール大会で「なかいたへそマスク」選手(中板橋商店街)を破った「いたばし不動ッピー」選手(板橋宿不動通り商店街)が入場した後、5月のグリーンホール大会で「マスクド・ふなどん」選手(舟渡町会)を破った「ハッピーロードマン」選手が地元・ハッピーロード大山商店街の公認アイドル「CutiePai(キューティパイ)まゆちゃん」が生で歌う入場テーマソングと共に登場。満員の会場を沸かせた。

[広告]

 試合はコミカルなやりとりから、パワーで勝る不動ッピーと持ち前のテクニックが光るハッピーロードマンによる白熱した攻防に転じ、最後はハッピーロードマンがコーナーポスト最上段からハッピードロップを決めて不動ッピーから3カウントを奪い勝利した。

 当日はこのほか4試合が行われ、がばいじいちゃん選手と組んでのタッグマッチを前に「いたばし区 成増の住人になります。」と書かれたオリジナルグッズのタオルを披露したバッファロー選手が成増に引っ越して暮らし始めたことを発表した。

 インイベントの8人タッグマッチでは、ダークヒーローの「ハッピーロードマン・ダーク」選手(ハッピーロード大山商店街)が「グレート・ピカちゃん」(上板橋北口商店街)、なかいたへそマスク、はやて選手のヒーローチームに加わり、中里哲也・SAGAT(サガット)・マグニチュード岸和田・ディック東郷組と対戦。グレート・ピカちゃん選手が得意のグレート・ピカちゃんアタックで中里選手を下し、ヒーローチームが勝利した。

 試合後、マイクを手にしたグレート・ピカちゃん選手は、いたプロヒーローズ最強決定トーナメント決勝の対戦相手に決まったハッピーロードマンを呼び込むとリング上で握手を交わし、互いに熱く抱負を語り合った。

 同決勝戦は12月2日、グリーンホール大会でメインイベントとして行われる。

 グリーンホール大会の出場選手は、はやて、グレート・ピカちゃん、ハッピーロードマン、なかいたへそマスク、いたばし不動ッピー、トキワダイオー、ハッピーロードマン・ダーク、ディック東郷、マグニチュード岸和田、中里哲也、ウルフ智也、那須晃太郎、がばいじいちゃん、夏すみれ、鈴木心、大瀬良泰貴ほか。

 17時開場、17時30分開始。観戦チケットは、リングサイド=4,000円、ステージA=3,500円、指定席A=3,500円、指定席B=3,000円、自由席=2,500円。前売り販売は、「いたばしプロレス通販サイト」、eプラス、板橋区内商店街チケット販売取扱店で行う。