3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 買う

芥川製菓・板橋工場でチョコレートアウトレットセール 工場開設40周年

毎年長蛇の列ができる芥川製菓・板橋工場のアウトレットセール

毎年長蛇の列ができる芥川製菓・板橋工場のアウトレットセール

  •  
  •  

 チョコレートメーカー「芥川製菓」板橋工場(板橋区高島平9)で3月18日・19日、恒例の「チョコレートアウトレットセール」を行う。

板橋工場のアウトレットセールは午前中で販売終了することも

 1886(明治19)年創業の同社。東京・神田で製菓業を開いた後、「芥川松風堂」の屋号で銀座1丁目に店舗を開設。1896(明治29)年には、日本で初めてドロップ製造を始めたことでも知られる。1914(大正3)年からは日本で3番目にチョコレートの製造を始め、近年はチョコレート専業メーカーとして有名ホテルの高級菓子やアミューズメント施設などの業務用チョコレート製造・卸を手掛け、2009(平成21)年に自社ブランド商品の通販サイト「芥川製菓オンラインショップ」を開設。2012(平成24)年には池袋サインシャインシティの「池袋ショッピングパーク」(豊島区南池袋1)南館に直営店をオープンするなど直営販売にも力を入れている。

[広告]

 現在、板橋工場・戸田工場(埼玉県戸田市)・狭山工場(埼玉県狭山市)・花園工場(埼玉県深谷市)の全4工場を中心に商品製造を行い、板橋工場は1980(昭和55)年の開設から今年で40周年を迎える。

 同社では毎年、バレンタインやホワイトデーなどのイベント時期が過ぎ売れ残った在庫品を直販店や工場などで特価販売している。同社の商品ファンや地元住民が毎回行列を作る恒例行事となっていて、口コミやSNSを通じてアウトレットセールを楽しみに毎年買い求めに来場する人も多い。

 同社の広報担当者は「在庫となった原料や製品は品質的には全く問題ないものの、催事時期を過ぎると一般市場で販売できず、簡易包装にしてコストを抑えるなどして15~6年前からアウトレットセールを始めた。日ごろお世話になっている近隣住民の方々に少しでも喜んでいただければと始めた取り組みが好評をいただき、おかげさまで現在も続いている」と話す。

 開催時間は9時30分~15時(商品売り切れ次第終了)。