天気予報

31

20

みん経トピックス

板橋に中高生・若者の居場所板橋から「小さなパリ」発信

板橋・小茂根福祉園がカレンダー販売開始 福祉とデザインとものづくりのコラボ

  • 0
板橋・小茂根福祉園がカレンダー販売開始 福祉とデザインとものづくりのコラボ

日本では珍しいアイレットとじで作られた小茂根福祉園のカレンダー

写真を拡大 地図を拡大

 板橋区立小茂根(こもね)福祉園(板橋区小茂根3)が、「KOMONEST 2017 カレンダー」の販売を開始した。

展示されているKOMONEST(コモネスト)の商品たち

 同園は、障がい者支援サービスを行うための通所施設で、社会福祉法人恩賜財団東京都同胞援護会が運営受託している。現在、就労支援サービスと生活介護サービスに、それぞれ約30人が通い、就労支援ではさまざまな「ものづくり」に取り組んでいる。

 その一つが、KOMONE(小茂根)とNEST(鳥の巣)を合わせて「KOMONEST(コモネスト)」と名付けた、同園が企画・製造しているブランド。障がいのある人の「巣立ち」(自立)への願いも込められている。利用者の創作活動や作業に、商品力を持った「ものづくり」とは何かを考え、付加価値を付けてオリジナルの商品を生み出し、自家焙煎(ばいせん)のフクロウ珈琲(コーヒー)をはじめ、陶器のカップや手芸小物、Tシャツなどを販売している。

 カレンダーは今年の11月から再来年の1月まで15カ月分使える仕様になっており、それぞれ利用者の描いた作品が並ぶ。打ち抜き加工は風岡紙器が行い、製本・加工のウキマが、ヨーロッパでは主流だが日本では珍しい「アイレット綴じ(とじ)」という中とじ製法で製本する。これらは板橋の産業との連携によるもので、地元の産業と福祉とデザインのコラボが実現している。

 園長の工藤かおるさんは「2010年からカレンダーを製作しているが、壁掛けや卓上など試行錯誤してきて、使い終わってからも絵を見て楽しめるこのデザインに行き着いた」と話す。3年前からアイレットとじにしたことにより、別売りのオリジナルバインダーでの保存も可能になった。

 価格は1,300円。サイズは210ミリ×135ミリ(使用時420ミリ×135ミリ)。同園での販売ほか通信販売準備中。問い合わせは小茂根福祉園(TEL 03-3958-8831)まで。

グローバルフォトニュース