食べる 見る・遊ぶ 買う

「板橋区民まつり」にバーリントン市の公式訪問団参加 SDGsテーマの催しも

昨年同様、板橋区のマスコット・りんりんちゃんも阿波踊りに参加する

昨年同様、板橋区のマスコット・りんりんちゃんも阿波踊りに参加する

  •  
  •  

 板橋区は10月19日・20日の2日間、板橋区立グリーンホール(板橋区栄町)前の「おまつりひろば」と周辺一帯8会場で、第48回「板橋区民まつり」を開催する。

昨年初登場した「クランプスパレード」

 区内外から例年46万人が集う板橋区の一大イベントは、「区民文化祭」「区民体育大会」「農業祭」「産業祭」など、それまで毎年秋に行われていた一連の区内行事を総称する「区民まつり」の前夜祭として1972(昭和47)年から始まった。

[広告]

 今年も、「おまつりひろば」(グリーンホール前道路)をメイン会場に、「買い物と交流のひろば」(板橋第一中学校)、「いこいのひろば」(板橋大山公園)、「エコのひろば」(板橋大山公園ゲートボール場)、「ふるさとひろば」(JT敷地)、「みどりのひろば」、「文化のひろば」(区立文化会館)、「地域文化のひろば」(グリーンホール)、「板橋都税事務所前ひろば」の8会場を合わせた9会場に、140店を超える出展ブースが並び、さまざまな催しやパフォーマンスが行われる。

 「おまつりひろば」で行われる19日のオープニングセレモニー(12時30分~)では、姉妹都市提携30周年を記念して来日するカナダ・バーリントン市の公式訪問団が浴衣を着用し、赤塚第三中学校吹奏楽部の演奏に合わせて行進に加わるほか、16時からの阿波踊りの総踊りにも参加する。同日のおまつりひろばでは、志村銀座の「クランプスパレード」や「サンバカーニバル」、区民おどりや、よさこい・花笠(はながさ)おどりも披露される。

 20日は、10時~のオープニングセレモニーの後、音楽パレードや「いたばし戦国絵巻武者行列・高島秋帆(しゅうはん)鉄砲隊特別演習」のほか、「大東文化大学全學應援団(ぜんがくおうえんだん)」や「板橋子ども文化祭2019」、民謡パレード、お囃子(はやし)や子どもみこし、木やり・大人みこしが会場をにぎわす。

 「いこいのひろば」では「みんなでつくろう!SDGs(エスディージーズ)先進都市いたばし」をテーマに、SDGsへの理解を深めるためのクイズラリーやパネル展示を行うほか、食品ロス対策としてフードドライブを実施。「板橋都税事務所前ひろば」では、東京都主催のパラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」を実施する。

 「買い物と交流のひろば」の板橋第一中学校の体育館では、「いたばしプロレスリング」による対戦試合も各日3試合行われる。

 開催時間は、19日=11時30分~18時、20日=9時~16時30分。雨天決行。

  • はてなブックマークに追加