食べる 暮らす・働く 学ぶ・知る

板橋在住のスパニッシュ・ギタリスト、下赤塚のカフェでXマスライブ

ギター演奏をするスパニッシュ・ギタリストの山田陽一郎さん

ギター演奏をするスパニッシュ・ギタリストの山田陽一郎さん

  • 0

  •  

 板橋区在住のギタリスト・山田陽一郎さんが12月17日、「クリスマスコンサート ~ロウソクの灯りで楽しむスペインの音楽~」を東武東上線下赤塚駅近くの「カフェ トモチート」(板橋区赤塚2、TEL 03-6785-5391)で行う。

キャンドルの明かりの中で行うライブの様子

 高校1年のころに聞いたフラメンコ・ギターの名手、パコ・デ・ルシアの演奏に影響を受けた山田さんはギタリストを志し数々のクラシックやフラメンコの音楽家に師事してきた。洗足学園大学音楽学部卒業後は、ギター演奏のみならず、舞踊伴奏やイベント出演を重ねながら、1997年と2005年にはスペインへ渡りギターを学んできた。

[広告]

 1998年からはオリジナル曲のコンサート活動に加えて、中国でのフラメンコ公演への参加や、国立新美術館や東京都美術館などでの演奏等 活動の幅を広げてきた。スペインのクラシック音楽にも取り組み、現在はクラシックとフラメンコとに精通する数少ないギタリストとして全国各地で演奏活動をしている。

 同店でライブを行うのは2回目。以前、店を訪れた際に店主と話す機会があり、後日ユーチューブの動画を見た店主が山田さんの演奏を気に入ったことでライブ開催の運びになったという。

 今回は食事を楽しんだ後、19時からは店内をキャンドルの明かりだけにして幻想的な雰囲気を作り、500年以上前のスペイン音楽やクラシックの名曲、フラメンコの曲を演奏する。曲は「アルハンブラの思い出」「禁じられた遊び」「聖母の御子」(カタロニア民謡)、「鳥の歌」(カタロニア民謡)やオリジナルの「赤の大地/Bulerias」などを予定している。

 「キャンドルの明かりの中でのライブはあまり行う機会がないので、おいしい食事と幻想的な空間のギター演奏を楽しんでほしい」と山田さん。地元である板橋でのライブは「MCの時に地元ネタを思い切り話せるのが楽しい」とも。

 18時から食事で、19時演奏スタート。入場料は食事付き3,000円。要予約。予約は同店まで。

Stay at Home